仕事を知る

法人業務

法人業務とは

三菱UFJ信託銀行の法人業務の特徴は、上場を目指す成長途上の企業からグローバルに展開している大企業に至るまで、お取引先が直面する経営課題に対し最善のソリューションを提供できる業務の幅広さと専門性の高さにあります。

「信託バンキング」という独自のビジネスモデルは、ファイナンス関連のビジネスを軸に、「不動産」、「年金」、「証券代行」など信託固有のビジネスを組み合わせて、お取引先が抱える潜在的・顕在的な悩みを発見し応えていくビジネススタイルです。

このビジネスは「RM(Relationship Manager)」と呼ばれる法人営業担当者と、RMと一緒にお取引先の経営課題のソリューションを考え提供する「PO(Product Officer)」と呼ばれる専門家集団で担っています。
RMは当社を代表し最終責任を負うアカウントオフィサーであり、かつ戦力を総動員してお取引先のニーズに応えるコーディネーター役です。

実際に行っている主な仕事と部署の役割

法人営業各部店

RMはお取引先の窓口として、財務・経理部署のみならず、経営企画、総務、人事その他、お取引先のあらゆる部署と接点を持ちます。そしてファイナンス関連業務から、「不動産」、「年金」、「証券代行」の各種取引に至る幅広いサービスラインナップを駆使して、三菱UFJ信託銀行ならではの解決策の提案を行います。

資産金融第1部・資産金融第2部・法人コンサルティング部

資産流動化、シンジケートローン組成、不動産ノンリコースローン、プロジェクトファイナンス、デリバティブを活用したリスクヘッジ手法などのファイナンスに係る提案を行います。

お取引先の企業価値向上に向けた各種提案活動を行います。企業の業務・資本提携、合併や買収に関するアドバイザーとしての提案も重要なミッションです。

法人事務サービス部

専門性の高い事務スキルで円滑な取引をサポートします。

仕事の魅力と面白さ

RMとPOが車の両輪として「信託バンキング」を実践していることが、当社がお取引先から「経営のパートナー」と呼ばれている所以です。

資産金融業務は最先端のスキームや技術を駆使し商品提供を行うため、商品の開発力と提案力が非常に重要になります。裏付けとなる高度なファイナンスの知識やマーケットの知識が求められる業務です。信託銀行ならではの「受託管理事務機能」と「ファイナンス」による両面でお取引先のニーズを満たすことができます。

法人業務は企業の経営に関するさまざまな課題を扱うことから、幅広い知識と深い洞察力が求められる業務であり、業務を通じて自己の成長が実感できる仕事です。

法人業務に関する先輩社員の声

三菱UFJ信託銀行では、仕事の内容や会社の雰囲気を
知っていただくためのセミナーを数多く開催します。