仕事を知る

リテール業務

リテール業務とは

三菱UFJ信託銀行のリテール業務は、単なる資金運用のお手伝いだけに止まりません。若い世代のお客さまには、財産形成のための資金運用や住宅ローンのご提案、シニア世代には、退職金の運用や不動産・資産承継のご提案等、お客さまの人生のステージに応じたコンサルティングが業務の柱となっています。

実際に行っている主な仕事と部署の役割

国内営業各部店

個人のお客さまのお話を丁寧にお聴きし、資産状況やニーズを把握した上で、一人ひとりにオーダーメイドで最適なソリューションとご満足を提供する「総合コンサルティング」業務を行っています。

信託銀行のリテール業務の幅は、預金、投資商品から、相続、ローン、不動産と、まさに資産運用・管理の全般に至るまで多岐にわたります。リテール部門における担当者は、高い人間性も含めた「個人の総合力」を武器に「お客さまの信頼」を勝ち得ていくことが大きな特徴です。

築き上げた信頼関係はそのお客さまとのお取引の深まりに繋がることはもちろん、そのお客さまからお子さま・お孫さまの世代へ、またご親戚へと広がり繋がっていくことも多い仕事です。

仕事の魅力と面白さ

金銭だけではなく、不動産、有価証券といったお客さまの持つ様々な資産を扱うことができます。当社は、資産の形成から承継まで、信託の仕組みを活用しながら世代を超えてお手伝いができる数少ない金融機関です。不動産取引実務や税務、法務等に関する知識・経験を身に付け、真のファイナンシャルプランナーとしてキャリアを磨き、活躍できる職場があります。

個々の担当者の力がそのまま、お客さまの満足につながる、プロとして成長している実感を味わうことができます。

三菱UFJ信託銀行では、仕事の内容や会社の雰囲気を知っていただくためのセミナーを数多く開催します。