仕事を知る

システム業務

経営戦略を具現化するインフラ

急速に増していく「システム」の存在感

IT技術の飛躍的進歩を背景に、ITは日常生活に不可欠なものとなっています。銀行経営においても同様に、システムの重要性が急速に増してきています
多様化するお客さまのニーズへの対応、法制度改正、新規事業へのチャレンジ、あらゆる局面でシステムの活用が必要になり、その成否は業務運営を大きく左右します。
また、社会のインフラとして、安定的に金融システムを稼動させることが、三菱UFJ信託銀行の使命です。システムは単なる合理化の手段ではなく、今や経営戦略を具現化するために必要不可欠なインフラとなっています。

業務に根ざした、“幅広く高い専門性を持った”システム

三菱UFJ信託銀行には、多岐にわたる業務と同様、多くのシステムが存在し、日々稼動しています。
たとえば、お客さまのニーズを的確に把握するためのマーケティング支援システム、デリバティブなどの資金運用をサポートするシステム、市場リスクなどのリスク量を算出するシステムです。そしてそれらを支えるネットワークや高度なセキュリティインフラがあります。

信託銀行のシステムはその業務と表裏一体であり、幅広く高い専門性を持っています。そして、これらのシステムが当社のオーダーメイドというビジネスモデルを支え、良質な顧客サービス、収益機会拡大、業務効率化を実現し、競争力の源泉となっているのです。

三菱UFJ信託銀行では、グループ100%子会社の三菱UFJトラストシステム(MUSK)と一体となって、各部門に必要不可欠なITサービスを実現しています。

プロ意識を持った“力”

システム業務とは何でしょうか?各部門の部門戦略に基づいたITソリューションの企画・提案、高度かつ複雑なシステム開発のプロジェクトマネジメント、安定したシステム運用や情報セキュリティ強化の推進、これらを実践するには、各部門の業務の内容理解とITスキルに加え、経営的な目線に立ったシステムの提案力、各部門との調整力、時代の変化へ対応できる柔軟性が求められます。

IT技術の進歩は目覚ましく、今後も活躍の舞台がますます広がるビジネスフィールドです。

三菱UFJ信託銀行では、仕事の内容や会社の雰囲気を
知っていただくためのセミナーを数多く開催します。