社員の声

社員の声

信頼関係を築くのは
「聴き」上手であることと、
謙虚であること。

リテール業務 個人渉外担当
入社6年目/法学部出身

岡崎 暁子

礼儀とクイックレスポンス

私が所属しているのは、Vive(ヴィーヴ)という営業部隊。メンバーは全員で17人。Viveは当社の取引先企業の役員・部長の皆さまを訪問して、資産運用の相談を行っております。

お客さまと知り合うきっかけは、当社の役員や営業担当者から紹介を受けたり、取引先企業の秘書室を通じて役員さまに資料を配布していただいたりなどです。

ご相談の内容は定期預金、投資信託、保険など資金運用や住宅ローン、不動産の売買や有効活用、相続・遺言など、資産に関わること全般です。この1年半で、私のお客さまは200名近くにまで広がりました。

仕事をするうえで心がけていることが二つあります。一つは、礼儀。お客さまはもちろん、紹介をいただいた方には必ずお礼の手紙・メールを差し上げ、お手続きの状況をご報告します。ここは最も気を遣うところです。二つ目がクイックレスポンス。お客さまから宿題をいただいたら、調べた結果をご報告するために必ず翌日もしくは翌々日に、アポイントメントを取らせていただくようにしています。礼儀もスピードも、現役のビジネスパーソンならとても敏感なだけに、私たちの生命線です。

テラー時代に鍛えられた、話を「聴く」力

大企業の役員・部長さまはとてもお話が上手です。お客さまの話をじっくり聴く姿勢は入社以来のテラー時代に鍛えられました。テラーを経験すると、たいてい聴き上手になります。それはなぜか?テラーの仕事は、お客さまの思いを聴くことから始まるからです。

お話を聴いて、お客さまの気持ちを理解する。そのうえでご提案、ご説明という流れがあるからです。お一人おひとりじっくりと時間を頂戴して話をお聴きするので、お客さまの思いに対して強く共感でき、その方のニーズに合った提案をすることができます。待ち時間が長いときにはお客さまからお叱りを受けることもありますが、最後は親しく話し込む関係になれるのは、そこに理由があると思っています。

私もそんな経験をよくしました。忘れられないのは異動のときに花束をくださったお客さま。長い間、私あてにご来店いただき、家族にも内緒のことを私には話してくれました。「(異動が)何も岡崎さんでなくてもいいのに」「あなたには、なんでも話しやすかったわ」と名残惜しんでくださいました。

アフターフォローは私の仕事

私がViveの一員になってからお取引を始めていただき、十数人という知人やご友人を私に紹介してくださった、ある大企業の役員の方がいらっしゃいます。その方も、私の話を聴く姿勢を気にいってくださったのかもしれません。資産運用上の悩みだけでなく営業の大先輩としてのアドバイスなども、いつも身内の様に話してくださいました。

そしてもう一つ、お客さまからよく聴くのは、「今までの営業担当は一度契約がとれたら、二度と来ない」という不満。その方も会社のメインバンクで個人の資産管理をしていますが、預けているだけの状態だそうです。私はこの仕事を始めて、定期的に通うことを欠かさないようにしたいと思っています。

それは当社が信託銀行だから、お客さまとの長い関係づくりを目指しているというのもありますが、アフターフォローこそが私の仕事と思っているからです。ご意見やご要望を聴くことが、次の仕事にもつながります。「いつでもお伺いします」「なんでもご用命ください」。そんな謙虚な姿勢から、お客さまとの信頼関係が始まると思います。

この会社って…学べる機会がとても多いですね。

社会に出るとき、「できるだけ成長の機会を与えられたい」と考えていました。今まで2度の異動を経験しましたが、当社ではどの部署に異動しても、学ぶことばかりです。最初のテラー時代には人との信頼関係づくりを。次の人事部では会社全体の仕組みを。そして今は会社と会社との関係を。世の中にはこんなテーマがあるのかと知るのは貴重な体験です。

MY SCHEDULE 私の1日

MY PRIVATE 私のプライベート

最近、ゴルフを始めました。

仕事は仕事、オフはオフというのが私の考え方です。社会人になってからも、スキューバダイビング、スノーボードなどを続けています。それぞれに仕事とは別の仲間がいて、夏や冬は楽しんでいます。最近はゴルフを始めました。週に一回、スクールに行っています。少し暖かくなったら、打ちっぱなしだけでなく、ラウンドも体験してみたい。気持ちいいでしょうね。

MY DESK 私の仕事机

机の上は、整理整頓を心がけています。お客さまからの電話やメールへの対応はスピード重視です。

※社員の所属・役職・入社年次・担当業務は取材当時のものです。

三菱UFJ信託銀行では、仕事の内容や会社の雰囲気を
知っていただくためのセミナーを数多く開催します。