経営のパートナーとして、
新しい証券代行の姿を描く

日本経済を担う
上場企業を、
株式実務から
支える仕事

  • 株式会社の株主名簿管理人として株主名簿の作成・管理や配当金支払い、議決権集計といった株式事務を行う証券代行業務の中でも、私が担う証券代行営業は上場企業の総務やIR/SR部門の担当者からのご相談や株主のニーズを踏まえ、企業と株主にとって最適な株式実務サービスをご提供する仕事です。当社は上場企業全体の4割に相当する約1,600社から株式事務を受託し、管理株主は約2,300万名と業界トップシェアを誇っています。株式会社制度の根幹をなす、企業の経営陣にとっては非常に重要な領域におけるパートナーとして役員や経営者と直接お話しする機会も多く、日本の経済を担う上場企業を、株式実務の分野から支えているという重責とやりがいを感じています。

お客さまの立場に
寄り添った
サポートが
できる専門家、
でありたい

  • 証券代行業務における重要な業務の一つに、株主総会の運営支援があります。株主総会は株式会社にとって最高意思決定機関というだけでなく、株主との対話の場としても大切なイベントの一つです。お客さまのご要望もさまざまで、経営陣の意向や方針が色濃く反映されます。証券代行営業担当として、普段はお会いすることも難しい企業の経営陣の方々に対し、会社法務の専門家として、過去の判例に紐づいたアドバイスをするとともに、他社の総会事例の集積からより有効な運営改善提案を行います。経営陣の方々から、専門家として認めていただき、提案を受け入れてもらうためには、豊富な会社法務知識のみならず、私が発する言葉一つひとつを「参考になる」と思っていただけるための信頼関係の構築が何より重要です。私は株主総会の事前準備段階から、その企業の一員になったつもりで徹底的にお客さまをサポートすることを心掛けています。日頃から足しげくお客さまを訪問し、密にコミュニケーションをとることで、誰よりもお客さまの立場に寄り添ったサービスをご提供できる専門家であろうと努力しています。

株式実務を通じて得た
お客さまとの絆を、
さらに深める

  • コーポレートガバナンス・コード制定をはじめとする昨今の企業統治改革の潮流の中で、証券代行営業担当としてお客さまから受けるご相談は、株式実務以外にも多岐にわたるようになりました。自社のガバナンス体制をどう強化すればよいか、株主・投資家と良好な関係を構築するにはどうすればよいか、などさまざまなご相談やお客さまも気づきにくい課題があり、これらの解決に向けた情報提供や提案活動を積極的に行っています。証券代行機関として培ってきた一社専属のリレーションがあるからこそ、お客さまのことを誰よりも知っている関係性の中で、企業価値向上に向けたコンサルティングを行っていくことができます。刻々と移り変わる環境の中でも、株式実務を通じて得たお客さまとの絆を、会社法務のスペシャリストとして、そして誰よりもお客さまを知る人間として、さらに深めていきたいと考えています。

MY SCHEDULE

  • 8:00

    出社

  • 9:00

    営業活動

    案件に応じて、専門コンサルタントを帯同することも

  • 12:00

    ランチ

  • 13:00

    社内対応

    お客さまからの問い合わせに対する電話・メールでの回答、事務担当部署との社内調整

  • 15:00

    営業活動

    株主総会直前期には、役員向けレクチャーや議事運営リハーサルも行う

  • 17:00

    帰社

    翌日の営業活動に向けた資料準備

  • 20:00

    退社

MY PRIVATE

仕事とは違うタイプの汗を
かいてリフレッシュ。

学生時代、陸上部だったこともあり、帰宅後は毎日ジョギングをしています。走って汗をかくと、一日の疲れもリフレッシュすることができるんです。休日は同僚などと社会人になってから始めたゴルフを楽しんでいます。普段は話さないようなプライベートな話からも仕事のヒントが見つかりますし、何より上達するのが楽しいです。

※社員の所属・役職・入社年次・担当業務は取材当時のものです。