企業課題に対応する
「経営のパートナー」

当社では、資産金融業務、不動産業務、証券代行業務、受託財産業務を総称して法人向けコンサルティング&ソリューションと呼んでいます。これは、資産流動化・不動産・年金・証券代行等、それぞれの分野にいるプロフェッショナルがその力を融合することで、お客さまの経営課題に対し、幅広い業務と高い専門性によって最善の提案とサービスを提供できると考えているからです。

国内の上場企業が抱える企業価値向上に向けた課題は多岐に亘ります。中でも大きなテーマが「企業価値向上」と「働き方改革への対応」です。例えば「企業価値向上」ではWコード(コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コード)を踏まえたガバナンスの強化のための株式報酬制度導入、株主との対話のための株主判明調査、資産効率向上のための不動産処分、ROE向上のためのバランスシート改善アドバイスなどのニーズがあります。

また「働き方改革への対応」では、新たな働き方の処遇・勤務形態の検討に伴う退職金・年金制度再構築、ワークプレイスの多様化を支える不動産戦略などが求められます。

当社は、こうしたさまざまなニーズを捉え専門的な角度から分析し、総合的に解決策を提案するのみならず実行までを担うことが可能なのです。

企業の経営課題・ニーズ

法人向けコンサルティング&ソリューション

  • 資産金融
  • 証券代行
  • 受託財産
  • 不動産

コンサルティング&ソリューション:
企業の経営課題やニーズを把握し、信託領域における高い専門性を活かしながら商品・サービスを提供する