不動産会社とは一線を画す
信託銀行ならではの不動産提案

不動産業務とは
金融機関の中で唯一不動産業務に携わることができるのが信託銀行です。不動産業務には大きく分けて、不動産の売買や賃貸借を仲介する業務と、不動産受託・管理を行う業務の2つがあります。
法人のお客さまには、保有不動産を活用し企業価値を向上させるためのCRE(Corporate Real Estate)戦略の立案から実行までをサポートし、個人のお客さまには、不動産の査定から売買に係る取引条件の交渉、契約・受渡しまで、全ての手続きを遂行しています。
銀行ならではの情報ネットワークや、財務・税務に関する豊富なノウハウを活かし、不動産会社とは一線を画した不動産売買・賃貸借仲介や不動産ファイナンス・証券化、不動産管理(プロパティマネジメント)、J-REIT(不動産投資信託)の運営等の様々な業務を行っています。
また、グローバルな領域においても、海外の投資家に向けて、投資対象となる不動産物件の紹介、取引の仲介、投資商品(不動産信託受益権)の組成、投資助言を行う不動産アセットマネジメント業務に至るまで、一貫したサービスを提供しています。
不動産業務の魅力
不動産の売買は、法人のお客さまにとっても非常に大きなイベントであり、経営者と直接ご面談し、提案することも少なくありません。重要な経営資源としての不動産について、プロとしてアドバイスを行うのが不動産業務の醍醐味です。
また、当社の不動産業務では、不動産鑑定士、一級建築士、宅地建物取引士等の公的資格を持つ社員が多数在籍しているため、関連領域の専門性を存分に高めていける環境があります。そして、その環境で培った幅広い専門知識を活用し、オーダーメイドでお客さまのご要望にお応えできるのも大きな魅力です。

先輩が語る不動産業務

STAFF VOICE

    • 法人向けコンサルティング&ソリューション
    • 不動産業務
    森屋 幸司

    入社9年目/政治経済学部出身

    READ MORE
    • 法人向けコンサルティング&ソリューション
    • 不動産業務
    久世 雅樹

    入社13年目/法学部出身

    READ MORE